アーチムラック的な飲食業とは



人々の生活に密接した必要不可欠な商売です。

生活物資の物々交換から始まったであろう食物の連鎖のなかで、飲食業は様々な形に進化
し、食物提供以外の付加価値を加えることで、サービス業というジャンルの中枢的な役割を担
っている。 もちろん付加価値が調理技術を磨く【匠の技】が、ある事も食文化の財産である。



私見ですが【誰でも出来る商売】である反面⇒【誰もが続けることが難しい商売】という事です。



最近の食品加工技術の進歩と流通の高速化に伴い、世界各国の物資が簡単に入手出来る
時代に突入し、人から人への口伝的な調理技法すら、この情報化社会において手に入らない
ものでは無くなりました。 人々は、美味しい物や珍しい品の情報に貪欲になりました。



飲食業とは【食物】×【匠の技】+【サービス】=【対価】となります。

【対価】とは、提供された食物商品が金額に見合っているか?‥つまり総合評価の【満足度】
が最大の焦点となり、提供する努力をし続けなければなりません。



当社は、上記をふまえ飲食事業の新しいスタイルを模索し、団体や組織に依存しない完全に
オリジナルなBARや居酒屋やレストラン、カフェなどにも挑戦し続けております。



バーテンダーとしてのカクテル技術やソムリエとしてのワイン業務‥シェフとしての調理知識を
無理なく無駄なく指導していくことで、職務の固定観念に囚われないオールマイティーな飲食業
のプロフェッショナルを育成し、独立・起業の【底力】として役立てております。



飲食店プロデュースをはじめ、開店後の企画やスタッフ・サポートなども手掛け、多方面からも
フードビジネスに関わっていきたいと思っております。






飲食事業を通して、皆様の幸せの架け橋になりたい‥がテーマです。



トップへ
トップへ
戻る
戻る